窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

さくらの季節



さくらの開花宣言が各地から届く日本からこんにちは。
3月21日にコロナの首都圏の緊急事態宣言がようやく解除され、でも「うきうきするな」という政府の抑えがどこまで効くのか疑問視されている中、さくらが満開になっています。


京橋のさくら②.jpg

私は家の畑づくりをはじめました。久しぶりにミニ耕運機を持ち出して夏野菜やジャガイモを植え付ける予定です。この写真は、昨年から取り付けた畑の監視カメラに自分が写っているところです。もともと農作物を横取りする「謎の生物」を捉えようと設置したものですが、見事に自分が捉えられています。今年こそ犯人を確定したいと思っています。夜間も赤外線できれいに映る優れものです。


畑耕耘機.jpg

こんなに長く在宅勤務を続けていると、体がなまると思い始めたウォーキングですが、習慣になると近くの大きな公園の四季の移り変わりが良くわかり、いろいろな発見がありました。


カワセミ.jpg

水辺の宝石と呼ばれるカワセミも結構、人里のこんな公園に居続けるのだな、と思いました。
息子から譲り受けたカメラに大口径のレンズを組み合わせて、何度もベストショットに挑戦していますが、なかなか難しいものです。
さくらの名所でもあるので、これからは人出が予想されます。


三ッ池公園_桜.jpg

家でリモートミーティングすることも日常化すると、家の中での音などが気になります。我が家では2階で仕事をしていますが、オンライン中はフラッグを吹き抜けから階下に下ろしておくことにしています。


オンライン中.jpg

吹き抜けには、この写真にも写っていますが、プラモデルの飛行機や人工衛星のはやぶさがぶら下がっていますが、最近は古い車のモデルを作り始めました。ヨーロッパでは今でも走っているかも知れませんね。

シトロエンHトラック
シトロエンHトラック.jpg

自粛を求められる中、「うきうき」「うずうず」が止まらない春です。





投稿者:木原さん  カテゴリー:
2021年3月24日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.