窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

『テュービンゲンの道・安全に再開』



3月に入り、ドイツ全国ではロックダウンが続く中、『実験町』として小売店や劇場、喫茶店やレストランが約一年ぶりに再開できるようになったテュービンゲンから、こんにちは。


テュービンゲンの『入り口』には3月半ばからスピードテスト検査所が設置され、
毎日長い行列を成しています。
CIMG1927.JPG

ドイツ全国、4月18日までロックダウンが延長されることに決まりました。
私的な集りは5人(2世帯)までに制限、公共交通機関を利用する際は医療用マスク着用義務、ホームオフィスの実施、喫茶店やレストランは引き続き不営業(日常必要品を販売する店を除く)。
アマゾンやザランドなどのオンラインショップは大儲け、個人経営などの小売店は身動きが取れず、だんだんと首も回らなくなってきています。
この一年でドイツの町には大抵ある旧市街の中心や繁華街がダメージを受け、シャッター街が広がるのではないかと心配されています。


旧市街中心に立つ市役所の前にもスピードテスト検査所が。
他、町中約7ヶ所で、朝8時半から夜19時まで検査を受けられます。
CIMG1911.JPG

そんな中3月16日から、過去7日間の人口10万人あたりの新規感染者数が数週間にわたり35人以下だったテュービンゲンが州のモデル・プロジェクトとして『安全に再開』を最短3週間(先日4月18日まで延長決定)、試してみることに決まりました。
それは、町、テュービンゲン大学病院、そしてドイツ赤十字が連携し協力することで可能となっています。

マスク着用&ソーシャルディスタンスはもちろん変わらないのですが、テュービンゲンの飲食店はテイクアウトに限らず、屋外営業が許され、今まで開店を禁じられていた小売店(非食品)や劇場、映画館、そして美術館や図書館などの施設が再開できるようになりました。

働く人は少なくとも週2回はコロナのスピードテストを受け、消費者はテュービンゲンの町中にある無料のスピードテスト検査所でテスト後、陰性証明カード(一日券)を発行してもらいます。


チョチョッと鼻の穴の中を綿棒で拭い、約15分後にはテスト結果が出ます。
ベルリンから友人が遊びに来ていたのでわたしもついでにテストをしてもらいました。
綿棒の不快感もなく、素早く、これなら大衆にも受けいられる、と思いました。
CIMG1914.JPG

一日券。スピードテストが陰性であれば氏名と日付を記入してもらい、ハンコをもらいます。
テスト結果が分かるQRコードとしての『腕輪一日券』も発行され始めました。
陽性の場合はPCRテストにより確認されます。
CIMG1972.JPG

そして一日券を持っていればレストランや喫茶店で座っておしゃべりを楽しむことができ、まるでコロナ前の日常に戻ったような錯覚が起こります。

想像がつくと思いますが、周り一帯がロックダウンなだけあり、この数日、特に週末は日帰り観光客が全国からテュービンゲンに押し寄せてきています。
バイト先の喫茶店では日が暮れるまではてんてこ舞い、常連客はほぼ見掛けず、「テュービンゲン初めて」というお客さんばっかりです。

他所から押し寄せて来る観光客数を制限しようと、3月末週末以降テュービンゲン住民以外の人用の一日券が三千枚に限られましたが、土曜日の朝、検査所がテストを始め1時間も掛からない内にその三千枚が飛んでいったと聞きました。
北ドイツやバイエルン州からわざわざテュービンゲンに遊びに来たのにチケットが手に入らなかった、という人にも数人会いましたが、チケットがなくても町中をぶらぶらしたり、コーヒーやケーキをテイクアウトし、そこら辺に座って春の日差しを楽しむことができるだけでも十分、気分転換になるようです。


(ボケてしまっていますが、雰囲気だけでもと思い) 教会前コロナ?
旧市街の中心にある教会前。まるでコロナ禍が夢のよう・・・
教会前コロナ?.jpg

全国誌シュピーゲルなどもモデル・プロジェクトの取材に来ていました(https://www.youtube.com/watch?v=EgN6Iom8Ni4&t=527s)。

このモデル・プロジェクトで全国的に有名になったテュービンゲン。
4月頭に復活祭(イースター)の連休がありますが、その間、(日帰り)観光客が押し寄せてくることが心配ですが、テュービンゲンの『消費や文化的日常を可能にするため、テスト、テスト、テスト』がどんな結果を出すのか、期待も膨らみます。

3月15日(月)から21日(日)までに約29,500のスピードテストが実施され、46人の陽性が確認されました。
症状があまりない「スーパースプレッダー」を見つけるのに役立つことも期待される、『テュービンゲンの道』。

上手く行ってくれることを願うばかりです。


今年もまた、夏時間になりました。森ではドングリも芽を出し始め、
冬眠からの目覚めも春も、もうすぐです。
CIMG1952.JPG



投稿者:森さん  カテゴリー:
2021年3月29日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.