窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

ツバメ到来



風景が色付きました。白いミラベラやモクレン、淡いピンクのさくら、そして薄い緑のブナの若葉。

春の色
IMG_0591春の色.JPG

樹木の枝の葉が影を地面に落とすようになって、ひと月咲いていたアネモネとは、さようなら。白いリンゴの花も開き始めて、ゆっくりめの北欧の春爛漫。

森のアネモネ
IMG_0594森のアネモネ.JPG

風は少し冷たいけれど、明るい太陽に誘われて、自転車で一走り。気の向くまま走り始めて湖まで。途中の湿地の木道を行くと、あちらこちらにカエルの鳴き声が聞こえます。

木道を湖まで
IMG_0589木道を湖まで.JPG

一年以上も続くコロナウィルス感染抑制のための規制疲れで、今ひとつ気分が晴れないでいたけれど、寒くて暗い長い冬の後に、景色が春の明るい色に変わったら、希望の光に近づいたように感じます。デンマークでも平常な暮らしが待ちきれなくなった人が多くなり、とうとう5月からワクチン接種と検査の二刀使いで、社会の大幅なオープンを実現しました。ところが早速、パーティを開いたり、ディスコで踊ったり。医療専門家は「そのために社会を開いたのではないのだけれど」。

子供達の精神衛生のために思い切って、ほぼ平常な社会生活への復帰を試みたのです。けれども残念なことに、医療専門家の懸念のとおり感染者数が増加しています。私の住む自治体では、サッカーの試合のテレビ観戦パーティを催した高校生がクラスター感染。参加者全員がコロナの検査で陰性のはずだったけれど、知らずに感染して自宅に戻り、家族へ感染。数日で感染が広がり、自治体内での緊急事態宣言発令。

ショッピングセンターも商店街の店も余儀なく臨時休業。12月から停止が続いていた室内のクラブ活動は、やっと5月から再開したばかりなのに、また中止。ウチのデンマーク人はアイスホッケーのトレーニングを楽しみにしていたので、とても残念がっていました。大人はともかく、子供達が可哀想です。緊急事態で市民全員へ検査の要請の通知があって、私も検査へ行きました。結果は陰性。立派な証明書を受け取りました。

昨年2月に初めてCOVID-19のウィルスがデンマークで検出され、そして3月の緊急事態宣言告知から、無意識のうちに緊張していて、それでも状況が好転したり、好い気候になったり、祝い事や楽しくうれしいことがあったりすると、心が緩んで笑顔がこぼれたり。喜怒哀楽の波の大きな一年だったように思います。

そして、ひとりひとりが社会の一員であること、ひとりひとりの行動が社会活動へ影響を及ぼすことを実感した一年でした。また、私たちの利己的な考えや行為に出会う機会の多い一年でした。それは例えば、自分だけは感染しないのだと手洗いや消毒、マスクの着用など、公共のルールを守らなかったり、商店の休業前に生活必需品を買い溜めたり、感染防止の特別待遇を周囲の人々に強要したり、あるいは緊急事態の規制に同意できないと言って官公庁の要請や規制を蔑ろにしたり。

湖のほとりで
IMG_0590湖のほとりで.JPG

春の花が咲いて、若葉が開いて、鮮やかな色の美しい季節の輝きのなかで、コロナウィルスの暗い雲は存在を失ってしまったかのように感じます。デンマークでは16歳以上のCOVID-19ワクチン接種を8月末までに終える計画です。これから夏に向かって、ワクチン接種が普及し、新感染者数が減少して、平常の社会活動が再開し、普通の人との交流が戻るのを、誰もが願って期待しています。

城跡の堀に雁の親子がスイスイ泳いでいました。今年は寒さが長続きしたけれど、自然は春を迎えていたのです。

親子でスイスイ
親子でスイスイ76E05FCE-8EC1-4C18-AE8F-A0F0B79F3859.jpeg

明るい青空を見上げると、ツバメが旋回。今年ももう5月、ツバメがデンマークに到来しました。






投稿者:福田さん  カテゴリー:
2021年5月14日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.