グリーン投資減税でお探しの方へ。


グリーン投資減税とは、建物の窓面積の90%以上の部分に規定の断熱・遮熱性能を満たす「高断熱窓ガラス」を設置した場合、
その「高断熱窓ガラス」に対して受けられる減税措置のことです。グリーン投資減税に関連するかもしれませんが、新築省エネビルの検討をしている、
ビルの省エネを検討している、窓の結露を低減させたいなど、新築ビル、窓を高断熱窓ガラスに改修する予定のオーナー様は、優遇税制を受けるチャンスです。
優遇の内容は、基準取得価額の7%相当額の税額控除、もしくは普通償却に加えて、基準取得価額の30%相当額を限度として、
必要経費または損金に算入できる特別償却からどちらか一方を選択できます。グリーン投資減税


適用を受けることができる方は、対象設備を取得し、その1年以内に事業の用に供した個人および法人である御施主様で、青色申告書を提出された方です。
基本的には純粋な民間企業が対象(官公庁、第三セクター企業は対象外)です。また、「基準取得価額の7%相当額の税額控除」の適用を選択できるのは、
中小企業者等のみとなります。また、適用対象期間は平成25年4月1日から平成28年3月31日までの期間内となります。グリーン投資減税でお探しの方も
是非参考にしてみて下さい。

御施主様の建物の窓装置もしくは窓ガラスが「グリーン投資減税」の対象になるのか?また、どういった仕様にすれば対象となるのか?窓ガラスを納入する
「元請け建設業者」あるいは、「ガラス施工業者」、「ご相談窓口」等にご相談ください。  詳しくはこちらから >> グリーン投資減税について

グリーン投資減税 グリーン投資減税


グリーン投資減税

グリーン減税 グリーン投資減税 即時償却 添付書類 資源エネルギー庁 即時償却 特別償却 国税庁 メリット 地方税 一括損金 創設 グリーン投資減税 延長 25年度 経済産業省 償却 グリーン投資減税とは 即時償却 国税庁 固定価格買取制度の認定申請 租税特別措置法 エネルギー使用合理化設備 固定資産 25年度 国内クレジット制度 正式名 グリーン投資減税について 特別償却の計算方法 グリーン 減税 グリーン投資 資源エネルギー庁 予算要求 対象設備 即時償却 延長 グリーン投資減税 計算方法 40パーセント 対象設備等 別表 100パーセント 資源エネルギー庁 要件 措置法 即時償却 税制 補助金 グリーン減税とは 国税庁 平成25年度 メリット グリーン消費減税 エネルギー 資源エネルギー庁 対象設備 固定資産税

グリーン投資減税