事例紹介/リフォーム

ようこそ、我が家へ 〜一人を楽しむための、潔い一戸建て〜

開口部にこだわった新築レポート -東京都 M邸-

Profile Data
住宅形態 木造地上2階建
住まい手 世帯主
敷地面積 61.6m2
延床面積 50.5m2

ようこそ、我が家へ 〜一人を楽しむための、潔い一戸建て〜



今月の家を手がけた建築家:志田茂(志田茂建築設計事務所)


取材企画協力:OZONE家づくりサポート
<建築家選びから住宅の完成までをコーディネートする機関です>

大切な「コト」と「モノ」と、一人暮らしを愛する家

愛車を大切に保管できる特注のシェルター。外構には一本のナツハゼを植えられた。紅葉し実をつける木を選ばれたのは、街への思い。

シリーズで初めて、今回は一人暮らしの新築をお訪ねしました。
都心とは思えない閑静な住宅街の崖上。都内の一等地に建つ、スタイリッシュなM邸の竣工は2010年3月。2008年秋から土地探しをはじめられ、1年半の月日をかけて手にした「一人暮らしのための一戸建て」です。

家づくりは一生に一度の大事業。その上一人暮らしのための一戸建です。相当な覚悟が必要だったのでは?
「いや、マンションを買う、ローンを組む。今なら、その金額で、一戸建てが建てられる。ならば、家を建てよう。そんなことだったんです」
さらりと振り返られたMさんには、もう一つの大きな理由がありました。
「愛車、バイク、ペットとの同居です。マンションでは難しいことも、一戸建てならば「なんだ、実現できるじゃないか」と。

一人という自由を愛し、大切な「コト」や「モノ」をちゃんと大切にすること。積極的な選択の先に、「一人暮らしのための一戸建て」がありました。


LWH(Light Weight House)との、運命的な出会い。

玄関を入るや、テラス窓は複層ガラス。木々の緑が目に飛び込んでくる1階ダイニング。床材はウォールナット。濃い色と強さが魅力。

Mさんは、理想の住まいについて、極めて明確な考えをお持ちでした。

機能むき出しの男らしい空間にざっくりと住めたらいい。
ワンフロアは一つの箱としてドカンとあればいい。
余計なコストはかけたくない。
外見も内装も素うどんのような渋い家にあっさりと住みたい。

そんなMさんの考えは、まさに建築家の志田茂さんが手がける「LWH(Light Weight House)軽量住宅」のコンセプトにぴったりでした。
「LWHは、いくつかのタイプから選べる企画住宅です。企画住宅といっても、必要に応じて家の形を変えることもできるので、いわゆるセミオーダーハウスですね」

土地探しを始めると同時に、志田さんのことを知ったMさんは、まずメールを送ったのだそうです。
「一人暮らしのための家を建てたいとメールをいただきました。メールにあったMさんの考え方そのものがLWHのコンセプトにぴったりだったんですよ」と志田さん。

12坪から建てられるのもLWHのコンセプトの一つです。
帰宅が深夜になることも多いため、利便性第一で土地探しをしていたMさん。
「土地にこだわりはないので都内の山の手から下町まで候補地を探しましたが、限られた予算で都心に探すとなると、必然的に10~15坪ほどになってしまいます」
そんな点からも、志田さんが提案する住まいは、ぴったりだったわけです。


問題を乗り越えて実現した、窓いっぱいの緑の風景。

大きめのバスタブとガラスの扉が開放的なバスルーム。一人を満喫する、くつろぎのスペース。
2階はリビングと書斎スペース、そして写真手前奥に寝室スペースがある。木の構造とご自身で塗られた漆喰の壁が調和している。

「この土地は、実は一度あきらめているんです」
崖地のため、擁壁にかなりのコストがかかってしまうことが原因でした。
「でもやはりここが忘れられなかった」
問題もあるけれど「ここに」とMさんが思われた要因に、崖地ならではの開放的な景色がありました。

お訪ねしたのは夏の終わり。玄関を入ると正面に大きく取られた窓いっぱいに緑があふれています。
「わが家のモチの木と、借景の欅です」。一気に空気が澄んでいくようなこの景色は、都会ではなかなか手に入らない贅沢。
「新緑の季節は本当に美しい。蛍光グリーンのような色合いなんですよ」とMさん。

1階はダイニングキッチンとバスルーム、2階はリビング&書斎スペース&寝室スペース、そしてロフト。壁はできる限り作らない、ドンと空間が広がる「1DKの一戸建て」。いたってシンプルで機能的な間取りです。

シンプルな間取りをすっきりと見せるための工夫も随所にあります。
システムキッチンにはせずに、フレームキッチンを採用。戸棚は電動吊戸棚にして、壁面の圧迫感をなくしています。

階段隣の引き戸を開けると、洗面・トイレ・バスルームが一つの空間に配されています。区切りがないためこちらも広々と開放的です。

こだわったのが、バスルーム。大き目のバスタブとガラス扉をどうしても入れたかったのだそうです。ガラス扉のバスルームが実現できたのも、他人の目を気にする必要のない一人暮らしだからこそ。

休日には緑につつまれたダイニングでゆっくりカフェの気分を味わっているというMさん。一人暮らしを満喫されている様子に「うらやましい」と志田さんも微笑んでいらっしゃいました。


「2階リビングが、一番長く時間を過ごす場所です」

ロフトにあがる梯子は、スチールパイプを溶接した梯子らしくない梯子。「生活感を感じさせない怪しいシルエットは唯一無二」。インターネットで出会って、一目惚れした宝モノ。

2階の大開口にも緑があふれています。同じ木々の景観も、視線が高くなった分、見晴らしもよく、前方の抜けは崖上の醍醐味です。

開口部に設えられた木の十字は、外と内を自然につなげてくれるモダンなアクセント。
本来はFIX窓にしてもよかったのですが、という志田さん。
「掃除や風の通り道も考えて引き違いのサッシにしました。でもそのままではアルミがむき出しになって、人工的になりすぎる。そこで、木の風合いを添えることにしました。窓の下は崖面ですので手すりの役割もあります」

通常なら隠してしまう、天井の垂木や、筋交いは、Mさんの希望でそのまま露出することに。「コストの問題もあったから」と言うことですが、むきだしの垂木や筋交いが、シンプルな空間にリズムをつくり、家全体の気持ちのいい個性になっています。

ライティングは間接照明のみでいいとのこと。
「平日は帰宅が遅いので、必要最低限の明るさで充分です。ゆっくりくつろげることを重視しています」
一つひとつ光の向きにも丁寧なこだわりがありました。

リビング中央のソファにゆったり座り、ウサギ(愛称β)の愛らしい動きを見ている時間は、疲れが解きほぐされる至福のひとときだそうです。


家づくりを楽しむ。そして、愛しむ。

志田茂氏
「土地選びから引き渡しまで問題はたくさんありましたが、一つひとつ、丁寧に解決しながら Mさんと一緒につくっていくことを楽しませていただきました。LWH(Light Weight House)軽量住宅は、暮らし方から家づくりを考えるセミオーダーハウスです。企画住宅という言葉でイメージする画一的なものではなく、Mさんのための、Mさんらしい家になりました。完成の家というより、必要なときに必要なものを、時間とともに作っていく家です。 小さな家の暮らしを思い描くことから、家づくりを考えると、自然体の、自分らしい家を考えることができるのではないかと思います。」

「せっかく家を建てるのだから、どうせなら自分でやってみたい」と、引き渡し前2回の週末を使って、ご自身で塗られたという漆喰の壁と一部の天井。
真珠のような色合いの美しいタイルをキッチンまわりに施されたのもご自身で。貼る作業よりタイルを切ることが大変だったそうですが、フレームキッチンに良く似合って、生活感が出るスペースを上質な肌触りに変えています。すべて初めての経験だったそうですが、味のある見事な仕上がりです。

暮らしの中でついていく傷や汚れも「徐々に体に馴染んでいくような感覚」と愛しそうに表現されるMさんは、家を建てられて一番変わったことは?の質問に、「コーヒーを外に飲みに行かなくなったことかなぁ」とおっしゃっていました。

「小さな楽園」と呼ぶ、念願の「一人暮らしのための一戸建て」には、一人暮らしを愛するMさんの考え方そのものが隅々まで行き届いていました。


取材・文:藤原なおみ
撮影:前嶋 正

今月の家を手がけた建築家:志田茂(志田茂建築設計事務所) 取材企画協力:OZONE家づくりサポート <建築家選びから住宅の完成までをコーディネートする機関です>

バックナンバーはこちら

PageTop

  • エコガラスの活用事例を募集しています
  • 今日もエコ日和
  • そんなあなたにエコガラス
  • 動画でわかるエコガラス
  • 住宅ストック循環支援事業
  • 住宅・建築物の省エネルギー基準とエコガラス
  • 建材トップランナー
  • 省エネリフォーム促進税制
  • リフォーム支援制度検索
エコガラス商品はこちら
お知らせ・お問い合わせ
  • メールマガジンのお申込み・解除
  • メディア掲載のお知らせ
  • お問い合わせはこちら
  • 各種ダウンロードはこちら -パンフレットダウンロード,エコガラスニューズレター,エコガラスへのリンクについて,ロゴマークダウンロード-

エコガラス事例集 PDF版ダウンロード

ガラスの世界地図

板硝子協会

建産協の「ZEHのつくり方」付属の「製品リスト」に記載されている「窓ガラスの製品リスト」

エコガラス