窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

光を待つ季節


IMGP1035.JPG

今年は秋が早く来たデンマークでしたが、11月は夜間の凍結もなく暖かめでした。
暖かいのは雲が多いからで、曇っているので、日中でもどんより暗いのです。
上山さんや森さんのお便りと写真に、南の国の明るい光を感じて、世界中の全ての地域で暗くなってしまったのではないことを思い直したりして。
 
北欧では、今の時期に暖かいと大西洋で大きな低気圧が発生しやすいらしく、11月末に大きな低気圧が嵐となってデンマークに上陸。
過去10年間では最大の嵐で、大西洋岸では高波で洪水や停泊中の船に被害が出るほか、各地で大木が倒れて車両や電車の通行が停止になったり、強風のために橋が通行止めになり、警察は外出を極力控えるように注意を促したほどでした。
強風で庭の大木が倒れると自分の家屋だけでなく隣近所にも被害が及ぶので、住宅地では大きな樹木が伐採されて風景が随分変わっています。
上山さんのおはなしを聞いて、イタリア人の友達が「あれほど大きな立派な木を切ってしまうなんて。市に許可を得ているの?」と話していたことを思い出しました。
樹齢が200-300年もの樹木が現代人の生活の簡便化のために切り倒されてしまうと、悔やまれて、悲しく切なくやりきれない感じです。そのときになって、保存の指定になっている樹木は少ないのだと知りました。


IMGP1037.JPG  
嵐が去っても、雲が空を覆って暗い日が続いています。
けれどもイエス・キリストの誕生日を待つ待降節(アドヴェンツ)が始まって、各家庭にも街にもクリスマスの飾りが付けられて華やかに明るい雰囲気になってきました。
森さんが紹介された1日からは24日までの「クリスマス・カレンダー」も、デンマークの子供達が楽しみにしているもののひとつです。
北欧のクリスマスはバイキング時代の冬至の祭と融合したもので、太陽が一巡りして戻ってくることに由来して車輪の意味のユルと呼ばれています。
 

IMGP1039.JPG
ユルには、屋根裏に住んでいてミルク粥をあげないといたずらをすると言われている小さな妖精ニッスの赤いとんがり帽子の人形をたくさん飾ります。
ニッスが「ユルマン」に送られた子供達からの願いのとおりプレゼントを準備して、きれいに包まれたプレゼントがユルマンから届けられると言い伝えられています。
ユルマンは白い長いひげをはやした老齢の男性で、赤い上着とズボンに赤いとんがり帽子という姿です。デンマークの子供達は「ユルマン」はグリーンランドに住んでいると信じていて、デンマーク自治領のグリーンランドにはユルマンの住所があって、毎年たくさんの子供達がプレゼントの願いを書いた手紙を送っています。
 

IMGP1036.JPG デンマークの伝統的なクリスマスの飾りにはニッスのほかに、モミの葉を編んだ輪や松ぼっくりやリボン等で飾ったろうそく、そして、童話作家アンデルセンが考案した2枚の色紙を編み込んで作るハート型のお菓子入れなどがあります。
10年程前まではクリスマスツリーに小さなロウソクをたくさん飾って、本物の火を灯す家庭が多かったのですが、豆電球に代わってきています。
また、屋外には豆電球の光の飾りや電飾を施す家も増えています。12月だけは電気料金が急増する世帯も多く、LEDの省エネタイプの飾りへ移行しているようです。
LEDの電飾は青白い光の色が冷たいと言われていましたが、今年は暖かい色の光のものも増えて、しかも「消費電力50%節約」とパッケージや広告に記したものも登場しています。
なんとしても今年は天気が悪くて一日中暗いので、少々電気料金がかさんでも電飾で明るく楽しい雰囲気づくりをしたくなるデンマーク人の気持ちが、良くわかります。
 
IMGP1038.JPG 日照時間が短くて窓辺に植物を置いても、成長は期待ができないのですが、我家の南向きの窓辺に置いてある10月に買って来たバジルの葉が増えて背が高くなって、その発育ぶりに驚いて喜んでいます。そういえば、昨年のクリスマス前に買ったミニプラントも、一年を経て、たくましく成長しています。
建物の壁面緑化は北欧では無理かなと思いましたが、可能性はありそうですね。
光の入射率と断熱の適切なガラスを用いた温室にすれば、美しい緑のビルが造れそうです。


  


投稿者:福田さん  カテゴリー:
2011年12月 6日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.