窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

地面が揺れるということ


地震って日本だけのものと思いがちですが、イタリアにもあるんです。
でももちろん、日本の比ではありません。

このところ、地震がチラチラとあるんです。
そんな中、大きい地震が北イタリアと中部イタリアの間でありました。
おいしいものがたくさんある地域です。

あのパルミジャーノ・レッジャーノのチーズの棚もそれで崩れてしまい大損害があったそうです。
 
ミラノから約200kmほど南へ行ったところですが、
朝4時にミラノも揺れたそうです。
 
 イタリア地震2
 
私はいつものごとく、ぜんぜん気が付かず、友人からの電話で知りました。
 
モデナのシンボルである時計塔は地震の揺れ方にもよりますが今回の揺れには耐えられなかったんですね。
これは最初に崩れた様子と、幾度と訪れた余震で全てが崩れた様子です。


イタリア地震1
イタリアは日本と同じような条件でできた土地なので地震があります。
歴史を見てもミラノのあるロンバルディア地方には超巨大地震というのがあったんです。
1117年のことですが、これを無視することは出来ません。

今も見ることのできるローマ時代の建物、ヴェローナのアレーナもその頃の地震で外側の一番美しい部分は崩れてしまってるのです。

 
だから、イタリアには原発はありません。
国民投票で決まったのです。
 
イタリアは地下資源が無いので、色々な方面からエネルギーを模索中です。
不便は覚悟です。
いい加減な人たちの集まりなどと世界から見られているイタリアですが、芯の通ったところがあるんですね。
 
このところ天候が不順で雨が続き、初冬のような気持ちで毎日を過ごしていました。
せっかく仕舞った冬物を出して着たのですがナフタリンのニオイには閉口しました。
何を食べてもおいしくないんですよ(笑)
 
5月にミラノにいらっしゃる方々には真冬の服以外はお持ちになったほうがいいとお伝えしています。
晴れると灼熱、雨が降ると初冬です。




投稿者:上山さん  カテゴリー:
2012年5月23日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.