窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

森さんのつぶやき

森さんのつぶやき

ドイツの森さんから、東京でこんな催しをするから聞きに来て下さい、とこんなお便りがありました。

「5月30日(水)19:00~ 神田のスタジオイワトでお話しします。『この世学問 ----- 愉快に生きのびるための楽聞-----』シリーズの第1回目です。テーマは『脱・原発に向かうドイツに暮らす』としていますが、ドイツにいて東北大震災・福島原発事故をどんなふうに体験したか------ 日本とは異なるドイツ、といった、これまで考えてきたことをお話ししたいと思っています。」


ドイツにいて、3.11の報道を聞いた時のことや、周りのドイツの人々の反応などのお話、居てもたってもいられなくなり、現地を見に行ったことなど、そして前からお知り合いだった陸前高田の方たちへの支援をはじめて感じたことを話はじめて、あっという間に休憩時間です。


森さん講演会

ドイツの森さんとは、前にも書きましたが、ドイツの住宅・建築の省エネ事情の視察で、現地のコーディネートをしていただいた時以来のお付き合いです。時にはドイツの省エネ法や建築法規のことを調べていただいたりしています。

後半は、脱原発に向かうドイツの人々を市民目線で伝えていただきました。例え話で「フランス人が3人集まれば、ピクニックに行く」けれども、「ドイツ人が3人集まれば、議論を始める」と言うのがあり、その通りに、原発の是非も日常で議論されるのがドイツ気質だそうです。

ときどき帰ってくる日本で感じられるのは、となり近所でも深入りしない、付き合いを制限する、まして議論を深くする場などない最近の日本人の姿だそうです。とても印象に残りました。

まだまだ、話足りず、質問もたくさんある中でお開きになりました。またブログもよろしくお願いします。




投稿者:木原さん  カテゴリー:
2012年6月 4日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.