窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

冬の到来

水面も白く
水面も白く
11月も暖かい日が続いていたデンマークです。いつもなら厚いコートを着てウールのマフラーと手袋をして、外出する頃なのに、今年は薄いコートのまま、手袋を忘れても大丈夫。夕方は暗くても、寒くならないから、公園や庭の芝生も緑で、あの11月の憂鬱さがないまま、もうすぐ12月。

「暦の上では11月は秋だっけ?冬だっけ?」と寒さがこないからか、とぼけたことを話していた翌朝、空が少し明るくなってきた窓の外を眺めると、真っ白。冬を迎える準備が終わっていないのに、不意をうたれてしまいました。暦の上では秋の11月だけれど、月末に近づくと霜も降りるし、雪も降るし、シベリアから北極から冬がやってきます。

白いものの残る外へ出ると、雪だと思っていたものは、なんとも霰でした。夜間の気温が氷点下であったらしく、どこもかしこも霜が降りています。犬の散歩へ出ていた御近所さんは「おはよう」の挨拶をしあうと、「今日はさむーい!」。一夜のうちに冬の到来です。


霜と霰で白い屋根
霜と霰で白い屋根
生け垣の霜
生け垣の霜

来週はもう12月です。広場には背の高いクリスマスツリーのモミの木も立って、クリスマス前の4週間の待降節の始まりを待つだけ。商店街のクリスマスの飾りは、例年どおり11月中旬に付けられて、夕方に暗くなると小さな電球がキラキラとショッピング通りに明るく楽しく灯ります。我家のあるヒョースホルムの商店街では、クリスマスツリーのシルエットをモチーフにした電飾が毎年使われていました。街の人々には親しまれていましたが、古くなって傷みもあって、ところどころ点かない電球がありました。そのうえ、昔ながらの白熱電球を使ったものなので、消費する電気の量もたいへんなもので、数年前の不景気の年には、商店街のクリスマスの飾りをしないという話も持ち上がりました。


クリスマスの電飾
クリスマスはデンマークでは宗教的であるよりも、誰もが楽しみにしている伝統的な御祝いです。クリスマスツリーや待降節の4本のろうそく、赤い帽子をかぶった妖精ニッスの人形などの飾りは、景気が好くても悪くても毎年やってくるクリスマスを楽しく過ごすために欠かせません。たくさんの買い物客の反対があって、変わらず商店街のクリスマスの電飾が続けられましたが、電力消費量の少ないLEDの電飾へ代えることになったのです。

そういえば、広場の中央に立つクリスマスツリーの灯りも数年前にLEDに代わりました。白熱電球が発明されて、夜でも屋内を明るくして作業ができるようになったのは、130年ほど前のこと。人類の歴史のうちでは、それほど昔のことでもないのに、既に、より望ましいものに代替。赤いLEDランプがオーディオ製品等の点灯表示として利用されるようになった頃、弱々しい光を放つ小さな粒の光源が、白熱電球に代わって人々の夜間の生活に利用されるようになるとは、想像したこともなかったけれど。商店街に飾り付けられた新しいオレンジ色に光るクリスマスの電飾を見ながら、技術の進歩とは素晴らしいものだと小さな感嘆。

これから家族や友達と和やかに過ごすクリスマスと御正月を待って、楽しくうれしい季節。暗い夜はたくさんの電燈やろうそくの灯りで明るく照らして、寒い日にはフカフカの毛糸のセーターや手袋、マフラー、帽子、そして温かい食事を。それから、友達や家族、御近所さんや仕事仲間や多くの人々と交わす優しさが、身体と心をポカポカにしてくれるのでしょう。

今年もまた冬が来ました。



投稿者:福田さん  カテゴリー:
2013年11月26日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.