窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

ミラノ万博のこと


皆さん、ご無沙汰しています。
AGCの木原です。相変わらず、ショールームのAGCスタジオでお客様対応をしています。昨日、関東地方も梅雨入りをいたしました。

ミラノの上山さんからの、お便りにありましたミラノ万博の写真に当社の関係した物が映っていましたので、筆をとりました。

食の祭典に、ガラスメーカーが何の関係があるの?とおっしゃる向きには、わたしもなかなかうまく説明できませんが、おいしい映像による演出に一役かっているのが、モニター付きガラステーブルです。ものすごく、はっきりと画像が映し出せるスマートフォンなどに使っている技術が売り物です。

先行して、閉幕したミラノサローネにも、100枚のガラスにプロジェクターの映像が映り込み幻想的な世界を生み出す演出が、たいへん好評を博したそうです。現在、東京のショールームでも、このサローネ風に再現したものの展示をおこなっています(注:6/13に終了いたしました)。

このように、プロジェクション・マッピングをはじめとした映像と建築の融合した表現がこのところの日本の建築の話題になっております。昨年滞在したドイツなどでも、かなり見受けられました。今のところ、エコとは関係ないですが。

先日、私も孫とディズニーランドに行って、シンデレラ城に画像が映し出される壮大なイベントをうっとり眺めてまいりました。それよりも、孫を抱きかかえる筋力が低下しており、体力の維持と筋力の増強が必要なことに気づかされた、悲しいシクスティーズです。


下記動画は参考に御覧ください。

ミラノ万博のAGC関連展示は、ミラノ日本館にて5/1~10/31まで
旭硝子(AGC) facebookでの動画
BS日テレの紹介動画「TDW in Milano 2015 ⑦ GLACIER FORMATION」


投稿者:木原さん  カテゴリー:
2015年6月10日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.