窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

新しい窓ガラス


木の葉が赤や黄色に染まって、鮮やかな彩りの美しい風景がデンマークの大地に広がっています。10月11日から一週間は「秋休み」。天気の良い日には森へたくさんの家族が散歩に訪れていました。「秋休み」は、その昔、農家の子供達がジャガイモの収穫を手伝うために設けられた学校の休暇です。デンマークの農業は1950年代頃から機械化が進み、今では麦や菜種やジャガイモ等根菜の収穫にはハーベスタ機を使いますから、学童生徒の手伝いは不要です。けれども学校の秋休みは伝統行事として続いています。まだ明るくて温かい10月の一週間に、子供達は家族と一緒に屋外での活動を楽しみます。

落ち葉
秋休みを家族で
秋休みを家族で


秋分の日を過ぎてから、もう一ヶ月になります。朝は日の出が遅くなり、夕方は日の入りが早くなり、明るい時間が短くなりました。外出時にはマフラーをして、室内では暖房が必要です。ドイツの森さんの御話と同じように、天気が良い日に温かい室内から屋外へ出ると、空気が冷たいのに驚いてしまいます。秋が深まり、冬が近づいているのです。ですから子供達の楽しい秋休み中に、大人達は今年最後の芝刈りとガーデンファニチャーの片付けや雨樋の掃除、そして暖房装置や住宅の断熱効果の点検など冬支度です。住宅の屋根や外壁の断熱材を増量や交換の工事も、湿度が多くて寒い冬の来る前に。

我家では、南向きの窓ガラスを交換しました。住まいは1780年代に建てられた家屋の一部で、1995年に建物が改修および改築されています。改築時には当時の設計規準に基づいて屋根や外壁に断熱材を装着し、窓は全て複層ガラスの断熱サッシに替わり、ガスボイラーによる給湯と暖房供給が設備されました。残念なことに3年ほど前から、晴れて陽射しの強い日には、ひとつふたつと南向きの窓が、まるで息を吹きかけたように白くくもるようになったのです。デンマーク人は「パンクした」と言いますが、2重ガラスの真空層に空気が入ってしまったのです。せっかくガラスを拭いても、窓の外の景色が見えなくてがっかりです。ついにパンクの窓が増えて、とくに朝には新鮮な気分で窓越しに空を見上げようにも、空気がこもった2重ガラスは悲しそうで、こちらの気分も晴れません。そこで思い切って新しいガラスに交換することに。


断熱材の外壁に
断熱材を外壁に

まずはガラス屋さんが窓の大きさを測りに来ました。そして2週間ほど経った朝から晴れて暖かい日に「これから行くよ」と電話がありました。ガラスと道具が積んであるクルマへ窓を運び、木製の内外の枠に挟まれた古いガラスを外して新しいガラスに交換です。作業は30分ほどで終了して「室内が明るくなるよ」とはガラス屋さん。その言葉どおり、秋の陽射しが部屋の奥まで届いて、室内に光が充満してまぶしいほどです。そして、ガラスがパンクする前の2008年末に入居したときと同じように、窓越しに景色が戻りました。


新しい窓ガラス

デンマークでは住宅のエネルギー効率の向上に効果的な断熱複層ガラスの利用を、政府が温暖化促進物質排出量削減目標の達成のために奨励しています。最近は断熱複層ガラスの断熱性も透光性も大きく改善されて、気候や条件、用途のそれぞれに異なるガラスが使われています。我家の窓ガラスが「パンク」したのは、家屋の改築に合わせて断熱サッシに替えた20年前の複層ガラスが、陽射しの強い南向きの窓には適していなかったことが原因かもしれません。

新しいガラスに替わってから毎日、少しずつ変わる秋の景色を楽しんでいます。風に吹かれて色づいた葉が散るようになりました。ガラスの品質が良いのか、以前よりも、風景がはっきりくっきり、色も鮮やかに見えます。まるで性能の良い新しいTVに替えたみたいです。断熱性も良いのか、風が吹いても外の温度が低くても、以前に増して、室内の空気が温かく保たれているように感じます。


紅葉


帽子をかぶって、マフラーと手袋をして、城跡の庭園に出かけると、堀の水の上に白鳥の家族が見えました。7羽の若鳥は親と同じ大きさにまで立派に育ちました。それなのにまだ親鳥は、子供達が離れた場所にいれば心配そうに見守り、人や犬が近くを通れば大きな羽を広げて子供を保護します。デンマークが緑に満ちた季節のあいだはずっと、親鳥は7羽の子供達に餌を与え、自立のための術を授けて育てたのだと思うと、その献身に感動しました。けれども、若鳥の灰色の羽が抜けて、真っ白に変わったら、親離れです。その日が来るのも、もうじきです。

白鳥の親子



投稿者:福田さん  カテゴリー:
2015年10月21日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.