窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

収穫の季節


夏が過ぎ、風も光もすっかり秋らしくなってきたテュービンゲンから、こんにちは。

ドイツでも、あちらこちらで刈り入れや収穫の風景が見られ、収穫祭や秋祭り、町内・村内祭りが楽しい季節になりました。
22年目になる「ウンブリア・プロヴァンス市(Umbrisch-Provenzalischer Markt; UPM 地中海物産市)」は、行政・商業者組合・市民ボランティアが手を取り合い、今年からは1日延長され、5日間の間、テュービンゲンを賑わせました。UPMには姉妹都市のエクサンプロヴァンス(フランス)とペルージャ(イタリア)から特産品が持ち込まれ、旧市街に出店や、どうやって運んできたのか首を傾げてしまうシュロやオリーブの木までが立ち並びます。そして毎年この季節、テュービンゲンをラベンダーの香るプロヴァンスと地中海の美味に包み込みます。
今年も、待ち焦がれたおじさんのチーズだったり、オリーブオイル、ハーブやワイン、工芸品やテラコッタを求めて、5日間で約10万人がUTMを訪れたそうです。
最終日の日曜日にはあいにく小降りの中、エルベ・マラソン大会(23回目)が開催され、参加者1,984名、メイン・ランナーたちは石畳が敷かれた旧市街の中と周縁を三周し、計10kmを、一位は29分51秒で、走り抜きました。


お祭り好きのテュービンゲン。近頃は、大学町だけあって、facebookで呼びかけたイベントもたくさんあります。8月末、30度ある中、「ネッカー川上 ビール・エアーマットデー」(BierLuma-Tag auf dem Neckar)の呼びかけには1000人以上が参加し、「テュービンゲン秩序局長」までもが竿舟に乗り、主催者探しに登場。結局、主催者は見つからず、後日、祭り後の無責任さがニュースになっていました。ビールの缶やビン、プラスチックや衣類、サングラスや包装材など様ざまなゴミがネッカー川に捨て残され、「お祭り騒ぎは構わないが、次回からは後始末もするよう、最少のマナーを心得るように呼び掛けたい」という声も上がりました。

IMG_1093.jpeg

テュービンゲンの中心部は東西南北、共に約4キロメートル広がり、普段は自転車か徒歩で、狭い行動範囲の中で、十分満喫した暮らしが楽しめます。
4月にテュービンゲンから約4キロ離れた村に引っ越して以来、車道の脇にある自転車道や野道、農道を使っているのですが、収穫前には左右に作物の壁がそびえ立ち、リンゴや洋ナシ、プラムなどの木が実を成していて、散歩がてらにかくれんぼやつまみ食いを楽しんだりすることもできます。

収穫の季節
IMG_1070.jpeg
車道と舗装された農道
IMG_1084.jpeg

脇道といえども朝7時には、子どもから大人まで通勤ラッシュアワーで始まり、日があるうちは、お気に入りのベンチで読書を楽しむ人、犬の散歩、ヴォーキング・・・という具合に農業用以外にもしっかりと使われているのには驚きました。

脇道の多くは街灯もなく、夜のサイクリングは星もスリルも満天です。
テュービンゲン街中から約15分の帰り道を走る間、ヘッドライトに照らし出されたカボチャにドッキリし、事故があった場所に立つ小さな十字架と赤いロウソクの光には慣れることなくぞくっとし、満月に照らされた雲にうっとりし、森や丘の陰がおとぎ話を連想させます。
昨夜は、大きい猫かと思いきや、避けようともしない子ギツネと衝突しそうになりましたが、ハリネズミやウサギ、雨の日はナメクジ、道によってはイノシシやシカなどと、様ざまな動物に出合えるのも、脇道(田舎道?)の魅力のひとつだと思います。


自転車道にも標識がたくさん。町や村までの距離と、サイクリング・コースの種類 (Prima-Klima-Tour;テュービンゲンの周辺にある再生可能エネルギー発電所を巡るルート。その他ジオ・ルートやファミリー・ルートなど、さまざまなルート提案があります)、そして緑の標識は「自転車道教会」 (自転車道の近くにある教会で、春の復活祭から10月末の宗教改革記念日までの間、日中はだれでも教会内に入り休憩することが可能である)があることを示している。

IMG_1060.jpeg
収穫の季節はサイクリングの季節でもあります。今年は黄金の10月が予想され、ワイン祭りを探しながら、まだまだたくさんの小道を走り続けられそうです。


サイクリング好きのドイツ人にはもってこい。E-バイク、値段もリーズナブルになってきたからか、よく見かけるようになりました。どんどん多様に進化していて、楽しみです

IMG_1164.jpeg




投稿者:森さん  カテゴリー:
2016年9月29日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.