窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

ジャパンレールパス



花粉症(スギ?)がひどいというのに、桜見たさに帰ってまいりました日本の道ばたから、こんにちは。


桜の季節に!と帰ってきたところ、春のおとずれを告げている梅の姿まで見れました。
桜はもうそろそろでしょうか?
DSCF6058

毎年花粉症は、ドイツにいてもひどい時とそうでない時があるのですが、今年は羽田に到着すると共に、鼻はムズムズ、クシャミは止まらない、一夜明けた朝には鼻で息ができなかったせいで、声が出なくなるぐらい喉がガラガラにやられるなど。
これはたまらん、と初めて市販の(眠くなりにくいと言われる)薬を服用していますが、慣れないせいか眠気に襲われたりもします・・・と言っても、ただの時差ボケなのかもしれませんね。

それにしてもマスクの進化がすごいですね、日本は。
立体形だったり、色・模様付き、エコロジカルに何回でも使えるマスク・・・との多様性にはびっくりします。
ドイツでは不審に思われてしまい、外出時に到底着用できないのですが、日本では一般的なので、寝ても起きても手放せなく、ドイツでも風邪が流行る時期にはシェアハウス内でしていようと、大きいパックを購入しました。


大好きなモクレンの満開姿も見られ、ホクホクの日本短期帰国。
テュービンゲンで春といえば、猫じゃらしのような柳に、
復活祭のカラフルに塗られた卵の飾りが有名(?)です。
とっても綺麗な黄色い花のレンギョウもよく飾られます。
DSCF6055

福田さんの書かれていたファストラウンのお話、面白いですね。
レッドビートの仮装用のホームメード色は、ドイツの(この数年祝われるようになった)ハローヴィーンでも使われるようになりましたが、ほうれん草や人参、玉ねぎなどの野菜も色作りに使えるなんて知りませんでした。
レッドビートは好物で、よくサラダにして食べますが、着色が気になる人はゴム手袋をして料理するそうです。
レッドビートを生のまますりおろし、刻みタマネギ、潰しニンニクに塩・コショウ、(オリーブ)オイルに甘みあるバルサミコ酢、そして適当に家にあるローズマリーやタイムなどのハーブを加えるだけでおいしく出来上がります。
ニンニクの臭いがきついので、外出する日はニンニクは抜きに作ったりしないと、苦情が来てしまうこともあります・・・
そうそう、レッドビートを食べた後お手洗いに入り、「内出血?!」とびっくりすることもちょくちょくあります。
これぞ、レッドビートの着色力です。

上山さんのパルマの生ハムのレポートも、おいしそうですね!
でもやっぱり、日本の食べ物が(質は値段にもよりますが)贅沢で美味しいと思います。
前回日本に帰ってきた時は、5キロ以上太りましたが、今回はどうなることか、ドキドキしています。
・・・が、美味しいものを目の前にすると、ついつい食べてしまいます。
もちろん食べ残しは以ての外です。


帰って来るたびに思います、日本の果物や野菜、植物の種類が豊富だなぁ、と。
これは夏みかんかしら?
DSCF6187

先日、ドイツから友人が一人来日し、彼女と2人でジャパン・レール・パスを使い、2週間の旅に出歩いています。
ジャパン・レール・パスとは、JRが主に外人相手に提供している、新幹線(のぞみ・みずほを除く)も乗り放題の、日本版・ユーレルパスです。
1週間乗り放題で3万円弱、2週間は5万円弱、最長3週間は6万円弱、ととってもお得な上に、飛行機で飛び回るよりはとってもエコロジカル。
観光客にとって大変ありがたいモノで、皆さんしっかり使いこなしています。
今まで外国永住者権を持った日本人にも提供されていたこのサービスは、今年の4月からは打ち切られてしまい、日本中飛んで歩けるのも今回が最後だと思うと、ほんとうに残念です。
日本人用にもこんなサービスがあったら良いのになぁ、と思うのですが、まあ、ゆっくり1週間や2週間、ましてや3週間もブラブラしている暇な日本人は少なく、需要がないのでしょうね。


日本人として最後のジャパン・レール・パスを使い、旅に出ています
DSCF6098

熱海、彦根経由で大阪へ。
大阪から京都、奈良、坂本&石山を見て回り、鳴門海峡経由で広島へ。
そこからまた別府、高千穂、熊本へ行き、東京へ帰ろうと予定しているのですが、最後だと思い、ついつい欲張り過ぎたプランになってしまい、今回はゆっくりしている暇がありません。
休暇というよりは「下見の旅」ですね。
次回はもう少しのんびり、ドイツ人並み(?)のゆっくりさを取り戻したいなぁ、と始まったばかりの旅路で考えています。


友人宅で採れた無農薬夏みかんは、皮も共に煮込んで、
苦味あるオレンジマーマレードに
DSCF6061



投稿者:森さん  カテゴリー:
2017年3月29日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、旭硝子のショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに来て早17年。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.