窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

ドングリ・クッキー、焼きたいな



そこら中で果実や木の実の収穫風景が目に付くようになったテュービンゲンから、こんにちは。

立秋も過ぎ、朝7時半頃から家の横でゴンゴン・ゴトゴトと大家のブラウンさんが青色のオーバーオールを身にまとい、ナシやリンゴを加工するようになりました。

日差しは暖かくても、風が冷たく、テュービンゲンでは新学期の季節。
とても過ごしやすく気持のいい季節でもあります。


ヴァイルハイムの収穫風景。リンゴジュースを絞りに順番を待つ
CIMG2623.JPG

今に始まったことではありませんが、学者と「エコ・フリーク」の町テュービンゲンでは、環境(と生き物)にやさしい生活を営もうとする人が多いように感じます。

環境問題を考えた時、個人で身近に始められることといえば、
出来るだけゴミを持ち込まない/出さない、
ゴミになる前にリユースできる?
出来ない場合、リサイクルできる?を考える
・・・などという考え方が買い物をする時にも現れています。

環境にやさしい買い物が可能な量り売り、包装材なし、袋は有料の市場はいつでも賑わっています。
そんな市場は、テュービンゲンの社交場として、毎週月、水、金曜日には市役所の前の広場で、土曜日には町の西にある教会の前で開かれます。
昔働いていた、旧市街の端っこにあるカフェでは、水曜日には「Marktfrauen(市場貴婦人たち)」が、魚が売られる金曜日には「Fisch-Marktfrauen」が、市場を一回りして買い物を済ませた後、一人二人と集まってきて4人から6人の御茶会が開かれていました。
そこでは、1週間の出来事やレシピの交換の他に、「あら、先週もいなかった彼女、どうしたのかしらね?」「あ、彼女、ヴァカンスに出掛けているみたいよ・・・」というような会話があり、昔ながらの『ソーシャルネットワーキング』が機能しています。


近所になっていた直径1メートル以上のお化けカボチャ。
後ろのヒマワリは2メートル50を超えています。
このカボチャは市場ではなく、近くの直売所で販売されます。
・・・誰が買っていくのでしょうね?
CIMG2597.JPG
マイバックは当たり前、プラスチックは嫌い、割高でもエコ商品を選ぶ、という多くのテュービンガーを相手に商売をする場合、テイクアウトが出来るお店では、しょっちゅう消費者との議論が交わされます。

そんなプラスチックや無駄な包装材を減らしてほしい、という消費者たちの要望が、新しい包装材の開発に繋がってきていて、お弁当屋さんなどでは、生分解性プラスチックが目に付くようになりました。
もちろん、分解されるかされないかの前に包装材を生産するためにエネルギーが消費されるので、ゴミがでない買い物がベストです。

それでも包装材が必要な場合、(例えば昔ながらの竹の葉のような)プラスチックの代わりになる、環境にあまり負担の掛からない品物が、今後またどんどん研究・開発され、普及していけば良いですね。


パッと見ると石油由来プラスチックのようにも見える生分解性プラスチック。
新しい包装材として今後広がるのでしょうか?
CIMG2618.JPG
CIMG2615.JPG

夏、日本でドングリ・クッキーを御馳走になり、その時に、作り方も教えていただきました。
運良く、「試してみなさーい!」とでも言わんかのように、今年は木の実がたくさんなっています。
さっそく布袋を1枚リュックに入れて、ドングリやマロニエに出会う度に集め、下加工を始めました。
周りの人たちにも声を掛けたので、家に帰るとドングリやマロニエの差し入れが台所のテーブルの上に乗っかっていたりします。

近頃は暇があればドングリの皮剥きをしています。
なぜそんなことをするの?と訊かれますが、ただ、出来ると聞いて、試してみたかったから、なのです。
今からアク抜き作業に入ります。
美味しいクッキーが焼けるかどうか、楽しみです。

今年は木の実がたくさん!ヘーゼルナッツにクリ、マロニエにドングリ
CIMG2673.JPG

そうそう上山さん、瓦が残っているのなら、土の強度を増すために埋めて、こんな使い方、どうですか?
奈良や京都のお庭でよく見かけたリユースのアイディアです。
・・・土壁に埋まっていることもありますよね。
http://www.ecoglass.jp/new_ecoblog/2017/05/-in-1.html

9月後半、ヒルシャウ湖畔
CIMG2550.JPG




投稿者:森さん  カテゴリー:
2018年9月28日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.