窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

樹木の枝のあいまに



紅に黄色に、美しい色の葉が散って、すっかり落ち葉の季節です。11月にしては暖かいのに、樹木の枝から一枚また一枚と葉が離れて落ちて、地面にたっぷり積もっています。落ち葉を踏みしめて歩きながら、また冬が来るのだなと思いました。


IMG_0594紅に黄色に.JPG
商店街の通りには、小さなランプが連なったクリスマスの電飾が付けられて、早く来る夕暮れに楽しい雰囲気をもたらしています。店の大きなショーウィンドは、緑のもみの枝や白と金銀の豪華なディスプレイです。店内にはクリスマス用品やクリスマスプレゼントにふさわしい品々が並べられています。そしてスーパーマーケットの食品売り場は、いろいろなクリスマスのお菓子でいっぱいです。

12月1日からクリスマスイブの日まで、毎日ひとつずつ小さな贈物でつづった「クリスマスカレンダー」の伝統がデンマークにもあって、子供たちのクリスマスカレンダーのために、小さな品々探しているお母さんがショッピングセンターに目立ちます。それぞれに工夫を凝らした贈り物のカレンダーを、子供たちはとても楽しみにしています。


IMG_0589城跡の堀.JPG
昼間だというのに太陽が空の低いところにあって、室内の奥まで日差しが届きます。それで、晴れの日には室内が明るく温かく、屋外の寒さを忘れるほどです。ところが、曇りや雨の日には、暗くて寒くて、冬が迫っていることを感じます。

早朝からの濃い霧が切れて、青空の広がった午後、城跡の庭園を散歩しました。1年半前まで4年間、隣の家の小さな犬のプリベン君と午後の散歩をしていて、その頃には、ときどき訪れていた場所です。毎年、落ち葉の季節には、乾いた落ち葉の香りや葉の下に隠れたものの匂いや、しっとりとした空気の中に感じる匂いを、積もった葉に埋もれながら、プリベン君が夢中になって追って探って、とても長い時間を歩いたものでした。

けれども、その楽しい季節は短くて、すぐに暗くて寒くてジメジメした冬になってしまうのです。今はまだ秋、葉の落ちた樹木の枝のあいまから、陽光がのぞいています。天気が良いので、犬の散歩に来た人だけでなく、高齢の御夫婦や、乳母車を押すお母さんや、いろいろな人に出会います。通り過ぎるときには「ハイ」と挨拶を交わします。ときどき、犬にも挨拶を受けながら、1700年代に築かれた堀の周りの大きな樹木の下を歩きます。


IMG_0590枝のあいまから.JPG
城を飾っていたレリーフや彫刻を集めた、庭園の歴史と面影を伝えるモニュメントを通りかかるときにはいつも、現代とは全く異なる300年前の社会と暮らしを想像します。周囲には大きな森が広がり、ここには王室の狩猟のための城があり、毎夜のように華やかな宴会が催されていました。デンマークは1720年から約80年間、戦争のない平和な時代でした。文化が成熟し、多くの芸術家を輩出します。ところがフランス革命に発する民主主義の思想はデンマークへも大きな影響を及ぼします。やがて、国民が立ち上がり、1849年の憲法制定と同時に、政権は国王から国民へ移ります。


IMG_0592城の面影.JPG
デンマークの民主主義政治は、1920年代以降、弱者の生活と権利を守る制度や政策の制定と充実を重要視して、それによって福祉国家が築かれました。100年後の現在、世界各地で闘争や不和や暴動などが発生しているのは、人々の個人主義的な考えと行動が引き金になっているのではないでしょうか。


IMG_0587陽光を受けて.JPG
午後のかすかにオレンジ色の陽光を受けた背の高い樹木の葉が、鮮やかな秋の色に輝いていました。


IMG_0593秋の色.JPG



投稿者:福田さん  カテゴリー:
2018年11月 9日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.