窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

雨降り夏



雨、雹に見舞われた6月。7月も雨日和が続くテュービンゲンから、こんにちは。


6月には南ドイツが大変な水害にあいましたが、7月に入っても、大雨・水害土砂災害警報が止みません。
そして今度はドイツ西部が浸水し、水害対策やこれから増すだろう諸自然災害にどう向き合っていくかが問われています。
気候変動の影響を肌で感じるようになってきて、焦りと共に、緊急に、真剣に取り組んでいかなければいけないところまで来てしまいました(・・・と数年前から言われていますね)。

それでも雨の合間には初夏・6月のような新鮮な空気に包まれた、気持のいいお天気ですが、長袖が手放せない肌寒い(ドイツらしい)夏でもあります。

オリンピック選手たちが日本で猛暑(特に高湿)に悩まされている、と、気候の違いが報道されても、日本の夏を経験した人でなければ想像がつかないようです。


ご近所にも「緑の透け透けカーテン」が・・・
CIMG3086.JPG

緊急事態宣言下で感染が拡大する中、東京オリンピックの開会式が無観客で無事迎えられ、猛暑の中開催されたと頻りにニュースが流れてきています。

7月に入ってからは地元新聞や全国紙、テレビやラジオなどでオリンピックの歴史や特集がシリーズ化して組まれ、IOCの歩みやオリンピック協会の抱える問題、オリンピックのあり方など、是非が問われてきました。

ここまで来たらもう、東京、そして日本がこの2週間の大会を無事乗り切ることを祈るばかりですが、事前にはいろいろと考えさせられました。


昨年末からTOKYO2021 は再延期になるのか開催されるのかが憶測され、今年3月に海外からの来日観客受け入れが見送られることが決定。
結局7月に入ってから、国内外問わず無観客で開催されることが発表されました。

ドイツでは既に2月に「日本国民8割がオリンピック開催に反対している」と報道されていましたが 、コロナ禍の現状で、開催意義が問われ、いずれ負担を負うのは国民だろうに、政府(もちろんIOCもですが)が急ブレーキを踏まず「博打に出た」と批判の声が高くなっています。

もちろん大会が上手く行けば良いのですが、最悪自体は想定されているのでしょうか?
どこまで想定内で、どこからまた「想定外」になってしまうのか、心配です。


雷を伴う雨雲が通り過ぎていきます。
CIMG3058.JPG

現実味ない「プレーブック」に対しても報道関係者から批判の声が上がっています。

海外報道陣が理にかなっていないルールの説明を求めたところ、「プレーブックに記されています」との答えしか返ってこなく、戸惑った、との国民性の違い(?)もだいだいと報道されています。

なんでもかんでも、ルールが決まっていても、それを決めたのは人。
民主主義で「それが決まりだから」と何も追求しなければ、あとあとしわ寄せが来ても黙って受け入れるしかありません。


1階に住むお隣さんの庭に摘んであった、野花束
CIMG3105.JPG

緊急事態宣言下でもお祭は開催、国民には外出自粛要請・・・
いくら「新たな感染拡大を防ぐため頑張ります」と言われても、どのように頑張るのか、「ワクチン接種を積極的に進める」とは、具体的にどう進めるのか、政府側の説明に日本国民は満足しているのか、海外から見れば、疑問は増えるばかりです。
更に、日本の検査率、そしてワクチン接種率の低さも注目される中、オリンピック開催時になりやっと「ワクチン接種を積極的に進める」とはどういうことなのでしょう?


だんだんとワクチン接種が進み、大型デモもまた開催されるようになってきました。
テュービンゲン路面電車・反対デモ。
CIMG2998.JPG

ドイツではワクチン接種が段々と進み(7月半ば、国民6割強が接種済)、ロックダウンも解除され、町中では人出が増加しています。
夏休みに入り国内外の人流が激しくなりつつあり、秋には第4波が懸念されていますが、まずは今年の夏を乗り切るため、気を緩めずに、人出にしっかり気を付けながら毎日を過ごしたく思います。


自粛疲れ、オリンピック、猛暑・・・といろいろ大変ですが、
皆さんもお身体を大切に、良い夏をお過ごしください。
CIMG3082.JPG



投稿者:森さん  カテゴリー:
2021年7月30日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.