窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

北国の春



雨が降り続き、梅雨入りの声もチラホラ聞かれる日本からこんにちは。
森さんの抒情詩のガチャ、欲しいですね。
ところで日本で一時話題になった「親ガチャ」という言葉、知っていますが?

コロナも一進一退の状況で、私も3回目のワクチンも接種してまだ感染せずに過ごしています。
45年勤めた会社生活も一区切りして、のんびりと行きたいところですが、週3日のお勤めを続けています。

先日、以前から入会していたスケッチの同好会の仲間たちと長野県の白馬村に二泊三日で旅行に行ってきました。予約は以前からしていたのですが、会員の中でも行く行かないの議論をしてきましたが、全国に制限が解除されたのを機に決行しました。

ゴールデンウィーク前の平日なので人出はなく、スキーシーズンもそろそろ終わりの白馬村は閑散としていました。ホテルの支配人に聞くと、ここ数年、スキー・スノボーに来ていた国内外の観光客がストップ、アルバイトの従業員も都会から来なくなり、84歳のおばあさんが我々の朝食を作ってくれる状況でした(ちなみに同好会の会長さんも同じ年令、私が最年少の会です)。


IMG_7063.jpg

とは言っても、季節は北国の春、真っ盛り。桜をはじめ、あぜ道には水仙が咲き乱れる、まさに「雪解け・・・♪(古い!)」の世界が広がっていました。皆、2年以上の監禁生活から解放されたように歩き回り、標高1830mまで登り間近に白馬岳などの名峰をスケッチしてきました。


IMG_7226.jpg
IMG_7164.jpg

スケッチ同好会の皆さんも会社をリタイアされた方がほとんど。話題は自然とウクライナとコロナになってしまいます。私の父は北海道の根室、母は樺太(現ロシア領サハリン)生まれなので子供のころから北方領土のことは聞かされていて、母も生前「ロシア人一人ひとりは良い人だが、国の体制となると凶悪」と言っていました。今回の侵攻もこれはDNAとして受け継がれていると感じています。

以前訪れた、フィンランド工科大学の先生もロシア占領時代の市民を監視していた高い建物や港の要塞の大砲が東や西に向けられていることなど複雑な歴史を教えてくれました。
このブログも終了まで残り少なくなりましたが、長い間、ご愛読ありがとうございました.


バルト海に向けて(フィンランド)
バルト海に向けて_フィンランド_2006.jpg


投稿者:木原さん  カテゴリー:
2022年5月16日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.