窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

エステより、エコガラス!?

このところ東京は、晴天続き。梅雨入りまでのしばし、太陽を思う存分満喫しています。今日のランチも、カフェのテラス席に陣取って思い切り光合成を楽しみ...。

なんて、言えないのが昨今の日本女性の現実。大半が美白信仰の熱狂的信者と言っても過言ではありません。太陽は美肌の敵!とばかりに太陽を避けて暮らしております。人気美容研究家の某女史は、タクシーの中でも日傘をさすらしいし、一日中カーテンを閉めて太陽を浴びないようにしている女性だって珍しくありません。

 

JG109_72A.jpg

どうしてこんな話をしているかというと、住まいにしめる窓面積の国別データを見る機会があったからなのです。意外や、日本の家にしめる窓面積、EU諸国に比べてかなり広いんです。

例えば、福田さんのいらっしゃるデンマークは13.3㎡。同じくらい小さいのが、フィンランド10.0㎡やポルトガル11.7㎡。反対に大きいのは、森さんのお住まいのドイツ21.6㎡。で、我が日本は、そのドイツより大きく27.1㎡。こんなデータ知っちゃうと、よけいに窓ガラスから差し込む太陽の光が気になってくるような...。

 でも、せっかくの太陽をカーテンで遮っちゃうのはもったいない。太陽の光は、ハッピー・ホルモンと言われるセロトニンを分泌するのに重要な役割を果たしているというし。避けるのではなく、仲良くつきあいたいですよね

というわけで、美白にこだわる女友達には、エコガラスのリフォームを薦めている私です。なぜならエコガラスは、紫外線を大幅カットしてくれるうえ、遮熱効果で夏のジリジリを抑えてくれる。夏におすすめのガラスなんです。

 と、自己紹介もなく初の書き込みをしてしまいましたが、私、エコガラスHPの事務局を務めております。たまに書き込みをさせていただきますので以後お見知りおきを願います。

 競って日焼けしていたパリジェンヌも最近は美白重視と聞きますし、デンマークとドイツの女性は、太陽とどういうおつきあいをしているのでしょう? 福田さんと森さん、そのあたりのお話聞かせていただけると嬉しいです。



投稿者:エコガラス事務局  カテゴリー:
2010年6月 4日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.