窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

自然から学ぶこと

シャーベット状の氷が浮いているのにカヤックを漕ぐ人がいるのだと聞いて、久しぶりに冬の海を見に行きました。年が明けてから少しだけ寒気が和らいで、プラスの気温の日が続いていたので、ヨットハーバーの水面は凍っていますが、港の外側では氷のかけらもなく、けれども冷たそうな波が打ち寄せています。
 
IMGP0837.JPG

年末に降った雪もずいぶん溶けて「温かくなったけれど、これから本格的な冬だから、きっとまた寒くなるよね」と話すのが挨拶代わりになるほど。道路や歩道の表面の氷も消えて、久しぶりに自転車で走れるかなと思っていたところへ、またまた雪が降りました。天気予報ではみぞれか雨でしたが、昨晩は窓の外をながめているうちに夜道がどんどん白く塗りつぶされて、今朝は雪景色。温暖化の影響で雪や氷の全く無い年もあったのに、デンマークの冬18回目の今年はあらためて、北欧の冬を体験しているように思います。


IMGP0835.JPG  
雪の日は街も森も海も、いつもより静かで、えさを忙しそうに探している小鳥たちのさえずりだけが聞こえています。今日は森の反対側にある線路を通る電車の音が響いていました。森に入ると空気が少しだけ温かく感じられます。昨晩5cmほど積もった新雪は真っ白で粉砂糖のようです。その上には今朝散歩に来た人の大きなブーツの足跡と縦横に走る大小の犬の足跡が印されています。雪と霧でどこまでも白い森の中を歩きながら、生物擬態の技術についてのテレビ番組を思い出しました。
 
サメの皮を模倣したテクスチャーの水着を使用することでオリンピックの水泳競技で幾つもの新記録が生まれたことや、建物のファサードに樹木の樹皮のような構造と技術を工夫によって室内のエネルギー利用の効率や空調の質を改善できるなどが生物擬態技術の例として紹介されていました。そして既に世界各国のエンジニアや企業から生物擬態の技術に注目が寄せられているが、今後はデザイナーの理解と関心が重要であると語られていました。
 
デンマークでは1960年代に建築家のヨーン・ウッツソン氏がシドニーのオペラハウスの外観と構造の設計および素材の選択において、自然の形態と機能を模倣したことが知られています。設計から約半世紀を経た後のインタビューでウッツソン氏は、事務所の近隣の森が設計のための実験室であったと答えています。
 
モダンデザインの歴史をたどると、自然を観察することによって発見した形態や構造や機能を模倣した素晴らしい数々の製品や建築が、各々の時代の布石になってきました。ところが建築家やデザイナーの現場において、鉛筆と紙による手作業がキーボード入力によるコンピュータ画面上の操作に移行してから久しい今日、発想の源は自然空間から遠く離れてデジタル空間へ移動しているという指摘も聞かれます。
 
生物擬態の技術開発は、まず自然に触れることから始まるのだとも、その番組では語られていました。未来の技術は森や海辺や野原や山という実験室から生まれるのかも知れませんね。

IMGP0836.JPG



投稿者:福田さん  カテゴリー:
2011年1月17日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.