窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

久しぶりの雨降り

IMGP0922.JPG

毎年、コペンハーゲンの港湾のソメイヨシノが植樹されている場所で、サクラの花が満開になる頃に、日本の文化を紹介する「さくら祭」が催されています。
茶道、弓道、空手、和太鼓などから金魚すくいや輪投げ、盆踊りまで、様々な日本の文化が、日本人とデンマーク人の有志によって披露されます。
最近は「コスプレ」の若いデンマーク人グループも参加して、集まる客層が幅広くなったように思います。
今年は5月に催したので、薄ピンクのソメイヨシノの満開が過ぎた後、ちらほら遅れて開いた花が、風に揺られていました。ともあれ晴天に恵まれて、緑色の若葉の下は、多くの人々の笑顔でいっぱいでした。
 
5月初めには気温が20℃にとどく晴れの日が続いて、乾燥した森の火事が心配されるほどでしたが、この週末から雨が降り始めました。
気温も15℃くらいまで下がって、温かさに馴れてしまうと寒く感じるくらいです。
満開に咲いていたサクラの花が強い風と雨に散って、路面がピンク色に敷き詰められて、春雨の風情かと思いきや。
 
入れ替わりに紫や赤、白のライラックの花が咲き始めています。
また、白いリンゴの花も咲き始めました。

IMGP0921.JPG  
赤い長い茎と大きな葉のルバーブも立派に育っていますね。
デンマークではルバーブは夏の味覚です。とろみが出るくらいまで煮たものを冷やしてクリームやミルクをかけて食べるのが伝統的な食べ方ですが、パイにしたり、ジャムにしたり、いろいろ自由に楽しめます。
独特なピンクの色が美味しそうにデザートをひきたてると思うのです。
 
ルバーブを煮るとお鍋が新品のようにピカピカにきれいになるのです。
ルバーブの酸味でカルキがとれるのでしょうね。不思議な自然の作用です。
 
ところで、森さんの節電と節水のお話、興味深く伺いました。
電気ケトルは短時間でお湯が沸いて、節電できるらしいですよ。
カルキが付くのは、わたしも頭を悩ませています。
ときどき食酢を沸かしてカルキ取りをしています。
そのときにはついでに流しの排水管のカルキ取りもしたりして。
 
節電については、デンマークではコンピュータやオーディオ機器のスタンバイランプを消しましょうというキャンペーンが数年前にありました。
就寝時などには各種機器の電源を容易に一度に切ることができるように工夫された、スイッチ付きのテーブルタップの利用が紹介されています。
スタンバイランプはLEDなので消費電力は僅かであるはずですが、長時間点いている数多くのスタンバイランプを消すことで、節電効果がそれなりに上がるのだそうです。
 
IMGP0923.JPG 節水は日本人には痛いところですよね。
ずいぶん前の話ですが、ウチのデンマーク人はテニスコートの更衣室のシャワーで、京都議定書に調印したデンマークの環境・エネルギー大臣と一緒になったことがあるのです。
彼は「やあ」と挨拶しながら入って来て身体を洗い始めたかと思ったら、あっという間に終えて出て行ってしまって感心したのだそうです。
ウチでは素早い簡単なシャワーを、そのときの大臣の名前をとって「アウケン浴」と呼んでいます。ちなみに、私は母曰く「カラスの行水」なので節水型ですね。
 
デンマークでは温水は水道料金だけでなく暖房料金にも関わるので、お風呂や食器洗いの節水は、家計の経費節約にもつながります。
昔ながらの食器洗いは、森さんが紹介されたドイツの方法と同じです。
洗剤を入れた湯に浸けて汚れを取って、洗い流さないで拭いてしまいます。
その昔、一般家庭ではお湯を沸かすのは大変な仕事だったと聞いていますから、そのために湯の量が少なくて良い洗い方になったのでしょうね。
デンマーク式の食器洗いは、どうも受け入れがたく、私も日本式に洗い流ししています。
なるべく浸け洗いで流すお湯の量を少なくするように工夫していますが。
そうそう、洗剤の量も少なめに。
 
雨があがったら、完成したばかりの「0」エネルギー型の幼稚園舎の撮影に行ってこようかと考えています。
 
今年もまた白鳥の卵がかえってヒナが生まれました。
  


投稿者:福田さん  カテゴリー:
2011年5月23日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.