窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

太陽と一緒に省エネルギー


ヨーロッパ全域で厳冬と聞いていましたが、ミラノもとても寒かったのですね。写真を拝見するところ、コペンハーゲンよりも雪が多いみたいです。デンマークでは海岸に流氷が寄せるほど寒くて冷たい日が10日ほど続いていました。

冬の海

湖沼や堀の水面の氷も15-20cmまで厚くなって、氷上滑走が解禁になりました。ちょうど、デンマークの学校の寒中休暇である「冬休み」に重なって、たくさんの家族がスケートや氷上の遊びを楽しみました。我家の近くの城跡の堀では、地元のアイスホッケークラブに所属する子供達が、懸命にパックを追っていました。仲間が集まってゴールを運び入れるほど熱心です。


雪上のソリ
雪上ホッケー
私は仕事や雑事の合間にクロスカントリースキー2回、スケート2回楽しみましたが、もう今は、寒気が緩んで大西洋からの暖かい空気が雨を降らせています。溶けた雪の下から、春が遠くないことを知らせるように、たくさんの小さな花が頭をのぞかせています。太陽の光が力強くなって、朝夕が明るく感じられるようになりました。暖房や照明器具を使う時間が短くなっています。

木原さんの御宅では、昨年夏には大幅に省電されたそうですね。私の実家では母が、西向きの窓にグリーンカーテンを施していたようです。けれども葉が大きくなるヘチマを使ったところ、風を遮ってしまって室内が蒸し暑くなったので、今年は葉の小さいものにするそうです。

デンマークの我家の電力消費量は、電力会社のランク付けでは一昨年に続いて昨年も「A」ランク。『電力消費量がとても少ない』Aランクは、一人暮らし年間1,300 kWh、二人1,735 kWh、3人家族2,145 kWh、4人家族2,535 kWh、5人以上では2,920 kWhと紹介されています。一昨年は二人で1,032 kWhの消費量で、一人暮らしより少なかったのを、さらなる低減は無理だと思っていました。ところが昨年の消費量は875 kWhで、一昨年より大幅に減少しています。

これはきっと、夕方には部屋の中で最初に点灯し、就寝するまで点け続けている照明器具の電球を省エネ型に代えたことが理由だと考えています。小型の白熱球がぴったり納まるように設計された古い照明器具なので、省エネ型の電球が入らないので、しかたなく今までどおり白熱球を使っていたのです。ところが昨年は、EU内の白熱球の製造と販売が禁止になったからでしょう、省エネ型の電球の大きさや光の色の種類が豊富になって、デンマークのデザインを代表するような古い照明器具にも使えるものが手に入るようになったのです。もちろん、省エネ型の電球は長持ちするので、電球の交換をしばらくしないで良いのもうれしいところです。

住宅

ところで、我家が電力供給を受けている電力会社の2010年における発電のエネルギー源は、石炭やコークスによる発電が46%、天然ガス24%、再生可能エネルギーである風力、水力、太陽光による電力が13%、廃棄物焼却、バイオマス、バイオガスによる発電が14%、石油による電力は2%、原子力発電は1%でした。2009年のものと比較すると、輸入したドイツやスウェーデンの原子力発電からの電力の割合が7%から1%まで減っています。また、石油の割合が減少し、これにかえて環境負荷の少ない天然ガスの割合が増えています。昨年2011年にはデンマーク東部に電力を供給できる大型の洋上風力発電所が稼動を開始しているので、今後は再生可能エネルギーによる電力供給の割合が増えるのでしょう。

太陽が明るく光をそそぐ温かい室内では、もう春の気分。暖房も電灯も暖かく明るい昼間はオフにして省エネルギー。まぶしい陽射しに誘われて屋外に出ると、まだ冷たい冬の空気、日陰には雪や氷が残っています。コペンハーゲンの東側に弧を描いて並んでいる洋上風力発電所の向こう側には、雪を降らせた灰色の雲が温暖な西風に押しのけられて立ちこめていました。本当の春まで、もう一歩。






投稿者:福田さん  カテゴリー:
2012年2月27日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.