窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

明るい夏時間


ミラノの厳しかった冬も終わりました。

朝晩は肌寒いのですが、昼に陽が当たるところにいるとジリジリと焼ける感じがするほどです。
福田さんがお住まいのデンマークもきっと暖かくなっているでしょう。

 
ハクモクレン

ミラノの大聖堂の後陣のハクモクレンの花がほとんど散りかけてます。

25日から夏時間になりました。

このサマータイムの導入は日本でもかつて取り入れたことがあったようですが、不評により廃止、そして、現在に至っています。きっと日本の風土や気質に合わないんでしょうね。
でも、今もう一度これを見直そうと言う意見も出てきていますね。
理由はきっと省エネルギーに繋がるかもしれない、ということでしょう。
 
サマータイムに切り替わると1時間、前に進めるので1時間の寝不足になります。
個人的にはそういう時に限って色々な仕事が重なり、辛い日々を過ごします。
一時間の時差ボケもあるんです。

変わったことに気が付かないサマータイムを知らない旅行者たちは列車や飛行機に乗り遅れたりするリスクがあります。
でも、最近はPCは勝手にサマータイムになるし、携帯電話も自動で切り替わるので以前のような問題が起きにくくなってます。

 
時間が切り替わったばかりの朝は、起きると辺りはまだ薄暗く、テンションは下がり気味。
でも夕方明るいんです。
そうなると、人は会社帰りに立ち飲みのBARで食前酒を飲んでから家路に着いたり、買い物をしたりとウキウキするようです。経済効果も上がります。
 
夏になればそれこそ、夜8時でも明るいので家族揃って庭やバルコニーで夕食を摂ったり過ごしたりします。
晴耕雨読を見直すと、エコにも繋がるような気がします。



投稿者:上山さん  カテゴリー:
2012年3月29日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.