窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

住宅・建築物の省エネ改修と補助金


●省エネルギーと節電をもっと

2012年から2013年の日本の冬は寒さが久しぶりに身に沁みます。
温室効果ガスの影響で温暖化に向かっているはずなのに、日本海側と北海道、東北地方、関東地方の太平洋側では例年より多くの雪が降り、交通機関のマヒなどが広がっています。特に北海道では節電への協力要請が出されており、厳しい寒さの中ご苦労されている方々が多くおられることと心配しております。
関東地方でも1月14日(成人の日)に大雪が降りました。幸い(?)祭日であったので交通機関のマヒは起きなかったようですが、翌日の出勤時には凍結した道路で滑って転倒した人が続出したようです。
下の写真は横浜市の降雪状況ですが、まるで雪国のようでした。

雪景色
また、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震による福島原子力発電所の事故以来、日本の原子力発電所は大飯原発の2基を除いてすべての発電設備が停止している状態です。この状況の中で節電、省エネルギーの気運が2011年は盛り上がりましたが、2012年後半からは少し落ち着いた動きになっているように感じます。



●省エネ基準の改定

その中で、住宅、建築物の省エネルギー基準の改定作業が粛々と行われていました。板硝子協会としても住宅外皮の断熱性、遮熱性を検討する委員会には、委員を派遣して協力してまいりました。それらの結果をもとに、政府では国土交通省と経済産業省の各省エネ基準検討委員会の合同会議が2012年8月9月で3回開催され原案が作成され、パブリックコメントの募集を経て、11月の合同委員会で決定されました。

委員会風景
(木原氏撮影)

その後2013年1月31日に告示されて、建築物は同4月施行、住宅は同10月施行となりました。
今回の改正の住宅での特徴は、二つあります。一つは、住宅で使用されるすべてのエネルギー(冷暖房、給湯、照明など。家電は除く)を一次エネルギー換算で合計し評価すること。二つ目は、住宅外皮の性能を以前はQ値(熱損失係数)を計算し評価していたものを、外皮の平均U値(熱貫流率)と平均η値(日射熱取得率)を算出し評価することです。
残念ながら外皮の断熱性能、遮熱性能のレベルは従来の基準と同じであることが基本となっております。


●省エネ改修推進事業と低炭素認定制度のインセンティブは?

これらの基準は、基本的には新築住宅の性能基準を規定しているもので、基準を満足した住宅は金融支援機構の融資で優遇を受けることができるようです。
しかし、日本全体の使用エネルギーの削減(CO2発生量の削減)には、既存住宅の省エネルギー改修が重要です。
この部分に於いては、従来も政府は断熱改修を実施するときには費用面での補助(たとえば住宅版エコポイントなど)を実施してきましたが、2月5日に次の優遇策のアナウンスがありました。
「住宅・建築物省エネ改修等緊急推進事業」の公募内容に係る情報提供について
です。
住宅の場合50万円を上限に改修費用の1/3を補助してくれるものです。このような募集の募集期間は一般的にあまり長くないので、気が付いた時には募集が終了していたということもあると思います。今回は、まだいつから募集ということはわかりませんが(補正予算の成立後だそうです)、改修工事を検討されている方は、国土交通省建築研究所のHPをチェックすることをお勧めします。

また、2012年の8月には低炭素建築物に係る認定基準に関する国土交通省、経済産業省、環境省の合同会議も開催されました。省エネ基準と同じく3回の合同会議とパブリックコメントを経て、11月の合同会議で決定されました。低炭素基準は12月に告示され、2013年の4月に施行される予定です。
低炭素認定基準は、省エネ基準より一次エネルギー消費量を10%削減し、低炭素基準(節水機器の設置、HEMS、BEMSの設置、ヒートアイランド対策など)を満たした建築物には、住宅版エコポイントを上回る補助が実施されるということです。

もっともっと、省エネルギー建築物普及のための施策が出てくることを期待しています。

さて、省エネ先進国であるEUでは、EPBD(建築物の省エネルギー効率にかかる指令)が2013年に改定されると聞きましたが、いかがでしょうか。





投稿者:松本さん  カテゴリー:
2013年2月13日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.