窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

久びさな、雪景色



2021年が、ロックダウンが続く中、やっと明け、今年はどんな一年になるのか、身体を動かし、新鮮な空気を吸える時に吸いに出歩くよう心掛けているテュービンゲンから、こんにちは。


今年は一年、どんな年になるのでしょうね?今年もよろしくお願いいたします
CIMG1664.JPG

昨2020年、コロナ禍に揺られる日常を過ごし、12月半ばから続く第2・ロックダウンは最短で2月14日まで続き、その後も延長されるだろうと予想されています。

クリスマスの3日間以外、外出を控えるよう(20−5時;外出禁止)、人に会うのを避けるよう(1世帯+1人に限られています!)、できるだけオンラインで済ますよう(ホーム・オフィス/スクーリング)、窮屈な生活が続いています。

ワクチン接種は始まりましたが、まだまだ問題は山積みで、目処が付きません。
まあ、早く日常を取り戻したい気持はあるのですが、この一年はまだ、バタバタが続くことを想定して毎日を過ごしたほうが精神的に安定出来ることに気が付きました。

精神病院があるテュービンゲンでは、前々から町中で精神病患者を見掛けることはありましたが、昨年から喚き立てる人、ブツブツ独り言を言う人、日常的場面で攻撃的になる人、癇癪を起こす人・・・と、人との触れ合いを避け、引きこもった生活を続けているせいか、多くの人たちが情緒不安定になっているように感じます。

自分も含め散歩好きの人が周りに随分いますが、夜間外出禁止令は相当なプレッシャーになっていて、他に方法がないものか、悩まされます。

シェアメイトや友人などは毎日のように数時間も親戚や友人からの電話相談を受け、耳にタコが出来た、と嘆いています。
反対に、話す相手もなく孤独な生活を強いられている(特に年輩の)人たちも心配です。
その他、オンライン・ドラマやショッピング、ゲームなどにはまってしまった、不眠症に陥った、コロナ太りで血糖値が上った、朝の目覚めが悪い、怠い、などなど。

このコロナ禍が経済影響の他、どれだけ社会的な歪みを生み出すのか、生活習慣病やアルコール依存症が悪化するのではないか、危機感が高まる一方、「何が本当に大切なのか」、そしてこれから目指す「持続可能な社会」を見直す機会にもなっています。


新年、テュービンゲンもあたり一面雪景色
CIMG1681.JPG

美味しそうなエノキタケ発見!どうしても手が届かず、指をくわえて見ることしか出来ませんでした。
CIMG1626.JPG

欧州規模で、今年の7月からプラスチック製のストローや食器(フォークやスプーン、お皿など)、綿棒や風船の持ち手、発泡スチロール製のトレーなどが販売禁止になることを踏まえ、竹やでん粉から出来たオルタナティブ商品が店頭に並ぶようになり、着々と準備が進められています。

残念ながら今年テュービンゲンで導入される予定だった「使い捨て・ワンウェイ包装材の課税」(2020年4月の導入予定からコロナ禍により2021年1月に延期)は、これ以上飲食業者に負担を掛けられないと、また1年延期されることが決まりました。

来年の導入までにどんなアイディアが提案されていくのかが見ものです。


テュービンゲン市の廃棄物処理費は年間70万ユーロ以上(日本円で約8400万円)掛かっています
CIMG1325.JPG

今年の1月は暖かい日もありましたが、久しぶりに冬らしい雪が積もる数日を楽しむことが出来ました。
朝はお隣さんの雪かきの音で目を覚まし、雪景色をボーッと眺めコーヒーを一杯・・・と贅沢な一日が始まりました。
日中、散歩に出かけると、あちらこちらに雪だるまが立っていたり、溶けかかっていたり、本格的・雪合戦の守り壁やかまくらを発見したり・・・かまくらと言えば、約20年前に一度だけ、母の実家の福井で数時間かけて作ったきりです。

お隣のお父さんが小学生の娘たちを引き連れてかまくらを作る姿を見て、ホッとしました。

ロックダウンでレジャーと言えば近場の散歩ぐらいしかない中、ソリ滑りまで出来るお天気に恵まれ、ありがたい限りです。

それになぜなのでしょうか?
近年、日本から「森林浴」が輸入(?)され話題になっていたからか、この数カ月、日本に帰れなくてホームシック気味だからか、散歩に出掛ける度に、日本の森を思い出します。


ブロックを固め壁を作り・・・ホーム・スクーリングの息抜きにはもってこい
CIMG1708.JPG


入り口も窓もある、1LDK
CIMG1746.JPG


昨年からなのですが、今年に入っても、遠出は避け、友人たちと会う時は外に散歩に出掛けています。

足元が泥だらけになっても、身体を動かし、新鮮な空気を吸い、出来れば話し相手と一緒に森歩き。

そんな歩け歩けで、コロナ禍を乗り越えられる一年になりますように。


Happy happy shall we be, when we live our everyday.life...
CIMG1589.JPG





投稿者:森さん  カテゴリー:
2021年1月29日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.